デイサービス ラヴィフォーレ

Q.生活期リハビリって?

A.急性期・回復期を経て症状が安定し、在宅で生活できるようになった時期に行うリハビリテーションを生活期リハビリ(テーション)と言います。維持期、慢性期とも言われます。

病気やケガの状態から元の状態に近づける「急性期リハビリテーション」、在宅復帰するための日常生活動作(立つ、座るなど)訓練を中心に行う「回復期リハビリテーション」は、主に医療機関が担っています。

Q.他のリハビリデイサービスと何が違うの?

A.よくある目標設定として、「下肢筋力を鍛える」や「転倒を予防する」といった目標があります。我々は、それらの機能訓練を「(日常生活において)何のために」行うのか、また、それらを踏まえて「これからの人生をどう過ごすか」といった「日常生活における自立」を支援します。

なお、宮城県において、生活期リハビリ専門と表しているデイサービスは、ラヴィ富沢が初めてです。

 

Q.リハビリデイサービスって軽度者向けなの?

A.我々は、むしろ中重度の方こそリハビリテーションが必要であると考えています。

自宅での生活において、その方ができること(一人でなんとかトイレに行くなど)や家庭で担っている役割(仏壇の手入れや留守番など)は、大小かかわらず必ずあります。介護度が重くなればなるほど、できることや役割は少なるなる傾向があります。それをできるだけ長く維持継続する(そうあって欲しいと思う)には、やはりリハビリテーションに特化した環境下でリハビリテーションを行うことが望ましいと我々は考えます。生活期リハビリにより、自宅で自分でできることが取り戻せたり、維持ができれば、ご自身の自己効力感が向上するだけでなく、ご家族様の介護負担の軽減にも繋がます。
現在、一日型のデイサービスに通われている方もいらっしゃるかと思います。そのような場合は、生活期リハビリと併用することをお勧めします。なぜなら、主たるニーズが違うからです。我々は、特に「これからの人生の過ごし方を踏まえたリハビリテーション」を軸としています。文章ではお伝えきれない部分もございますので、一度ご家族様やケアマネジャー様に施設をご覧いただければと思います。
もちろん、要支援や要介護1・2の方も多くご利用いただいております。

Q.ラヴィ富沢やラヴィフォーレでリハビリテーションをするには、医師の診断書が必要なの?

A.必要ありません。要介護(要支援・事業対象者)認定があれば、ご利用できます。

各保険サービスの中には、医師の診断書が必要なサービスもあります。一方デイサービスは、ご自身やご家族の意思で通うことができます。「これ以上悪くならないようにしたい(してほしい)」「また○○をしたい(してほしい)」というニーズに素早くお応えできます。職員もリハビリ専門職(療法士)や看護師を配置しておりますので、安心してリハビリテーションに取り組むことができ、「送迎付きのリハビリテーションに行く」という感覚でご利用いただくことができます。

Q.設備は大丈夫?

A.医療機関に導入されている物理療法・運動器械を複数整備しております(ラヴィ富沢)。

整形外科や接骨院でも見かける「ウォーターベッド」や「低周波治療器」、「ホットパック」など複数取り揃えております。随時体験利用ができますので、お気軽にお問い合わせください。

Q.体験や利用の問い合わせはどのようにすれば良いの?

A.まずは一度各事業所または下記へご連絡ください。担当者がご案内いたします。介護保険全般についてのお問い合わせは、ラヴィフォーレ太白へご連絡ください。

ラヴィフォーレ太白     090-1845-6962 担当 丸田
デイサービスラヴィフォーレ 022-395-4641  担当 下四日市
生活期リハビリラヴィ富沢  022-281-8388  担当 ペル